2019.08.08

ORIVAR SATの秋新作 × Celvokeディレクター 田上陽子さんの秋メイク

コスメフリークたちに絶大な人気を誇るコスメブランド、セルヴォークのディレクター、田上さんが初登場! オリバーサットの秋ファッションにマッチする、最旬メイクを披露してくれました。

1. ジャケットセットアップ×スモーキーグレーアイメイク

「スモーキーなグレーの目元がポイント! ジャケット×パンツのハンサムなセットアップに合わせて、メイクもクールな印象にしてみました。ローズピンクのリップで女らしさもしっかりアピール。このセットアップ、ベージュのコーデュロイが新鮮ですね。インナーに合わせたピリ辛なカーキTシャツも私好みです。」

【Fashion】コーデュロイでセットアップスタイルを今年顔に更新!

きれいめなジャケット×パンツのセットアップにニュアンスカラーのコーデュロイ素材でお洒落なニュアンスをON。ベルト付きのハイウエストパンツは脚長効果絶大! インナーにもニュアンスカラーを合わせてマニッシュな雰囲気に。

 

コーデュロイダブルブレストジャケット ¥51,840(税込)

コーデュロイベルテッドパンツ ¥31,320(税込)

バック☆ボタンTシャツ ¥12,960(税込)

【Make-up】日本人の肌に合う、青みグレーのアイメイク

<Make-up Items>
1 ディグニファイド リップス25
2 ジュアネス アイライナーペンシル09
3 インフィニトリー カラー12
4 ヴォランタリーベイシス アイパレット06/すべてセルヴォーク

 

「まずスティックファンデーションで秋を意識したセミマット肌を作ってから、アイホール全体にアイパレット(4番)の左下のイエローベージュのシャドウをのせて陰影をつけてから、左上のグレーシャドウを目のキワにON。グレーって浮きがちなイメージですが、このグレーシャドウは、日本人の肌にもしっくりなじむ色と質感なんです。

次に目の下に右上のオレンジシャドウを軽くのせて涙袋を自然に強調させます。パープルのペンシル(2番)で下まぶたにラインを引いて、きゅっと目元を締めたらアイメイクは完成。目元がクールな印象なので、口元はローズピンクのリップ(1番)でフェミニンに。チーク(3番)は肌色近いオレンジベージュで、ナチュラルな血色を加えました。」

2. ケープトレンチコート×ヌーディベージュメイク

「クラシックムードなトレンチコートに合わせてメイクもベージュ×ピンクトーンでエレガントに仕上げました。ピンクのアイシャドウはフレッシュで優しい印象になれるからオススメ! 普段はパンツスタイルが多いんですけど、クラシカルテイストがトレンドの今季は、久しぶりにこんなシックな雰囲気のスカートスタイルも取り入れてみたいなと思っています。」

【Fashion】ケープタイプのロングトレンチが1枚で着映え感抜群!

インナーとのレイヤードで様々な表情を楽しめるケープタイプのキャメルトレンチをコーディネートの主役に。ボリュームのあるロングスカートもシンプルながらもドラマチックな表情を演出してくれます。

 

ツイルケープトレンチベスト ¥66,960(税込)

タートルネックカットソー ¥16,260(税込)

トリプルクロスロングスカート ¥27,000(税込)

【Make-up】ピンクアイ×ベージュリップが上品エレガント

<Make-up Items>
1 ヴォランタリーベイシス アイパレット07
2 インフィニトリー カラー13
3 ディグニファイド リップス27
4 ジュアネス アイライナーペンシル10/すべてセルヴォーク

 

「ベースは1のスタイルと同様、セミマットに。アイパレットの右上のベージュシャドウをアイホール全体にのせて透明感を出してから、左上のピンクシャドウを太めのラインを引くように二重のキワにON。ベージュシャドウでしっかりベースを作ることで、ピンクの発色がきれいに長持ちします。

ピンクアイの時は、アイラインもブラウンで優しげに。リップはヌーディな淡いオレンジベージュをON。このリップは塗るだけでこなれ顔になれるので、かなりお気に入り! チークは目元と合わせてピンクベージュをセレクト。頬骨の高い位置にのせることで、小顔効果も期待できます。」

Model:Tagami Yoko

Photo:Onodera Kazuo

Edit:Iseki Sayaka

RECOMMEND

TOP